カナキティ徒然草

舞踏家カナキティ、日々のつれづれ。

結局去年の10月から更新していないね、明けましておめでとうもなかったね。笑 お久しぶりです。

去年の10月からまさに人生で一番忙しかったのではというくらい怒涛でした。毎週末のように本番あったし、撮影も立て込んでいて。とにかく年末ギリギリまで働きに働きました。でも「毎日現場というような日々がいいな」と前年願っていたのだから、その通りになって幸せだなとしみじみ思っていました。


新年のご挨拶は出来なかったけれど、年度はじめですね。入学式や入園式の話題を周りから聴きながら、うっとりしています。尊い。

近しい人たちが親になって、特に親友の子どもたちは本当に「一緒に生きている」という感覚なので、独身の私もこんな風に人間の成長を眺めていられるのはありがたいことです。なんかやっぱり、こんなに一つ一つの事象が尊くて、ランドセル姿に涙して、そんなだから親にとっては何歳になっても子どもだし、死なれたらたまったもんじゃないよなと三十半ばにして思う。私は今でも他人の自死を否定しないし止めないけれど、私の親は大変だったろうなと。とても普通の人たちなのに、私のあれこれは意味不明だろうし、私を失うまいと頑張ってくれた。私自身が自分の命を粗末にしても、繋ぎ続けてくれた。

それにしても親友の子どもたちが可愛いのじゃ。

「かなちゃんて仕事なにしてるの?」

「え?ダンスだよ。笑」

これからも二人にとって謎のauntieでいたいと思います。笑

大きくなったらパリピにしてやろう。


いつも投稿するタイミングを逃してしまうのですが、この勢いに乗って、インスタに投稿した文章を残しておこうと思います。

311日。

東北の震災、原発事故から11年です。10年が経った昨年は、ずっとそのことをテーマに作品を作り続けてきた前川加奈さんとパフォーマンスをさせて頂きました。

11年前、地震が起きたとき、あまりの揺れにこれは死ぬやつだなと思い「死にたい死にたいと思ってきたけれど、こういう形で死ぬのだな」と受け入れていた自分がいました。自殺という形を取らずに済んだ、これで周りの人は許してくれるだろうというような。

揺れがおさまって、目を開けると私は生きていました。そしてテレビをつけたら津波のニュース。死んでかまわないと思ってその瞬間を過ごした自分はこうして生き残っていて、生きたい人たちは亡くなってしまったのだということに愕然とし、罪悪感を抱えてその後の日々を過ごしました。

まだ毎日がとてもギリギリで危うくて、日常は既に奇跡に近くてそのことをずっと感じながら暮らしていたので「ある日突然日常が壊れた」という当時の世間の空気にも共感できなくて孤独でした。

それからいろいろあって、10年だもんな、いろいろあって、自分の命を心から喜べるようになった。そういう自分があの場で踊らせてもらえたこと。たくさんの想いが身体に入ってきたこと。ひたすらに祈りを踊った。

ウクライナ侵攻が始まってすぐは、自分の周りの感受性が強く心優しいひとたちが、まだ声の上げ方もアクションの取り方もわからず、胸を痛めて苦しんでいた。そうなるよね、大丈夫だよ、そんなに自分を責めないでってすごく思っていました。震災の頃を思い出していました。人は皆、状態や段階があると思います。まずはそれぞれ、自分に優しく、自分の生を謳歌して。余力があったら、アクションを取って。他人事にしないだけでもいい。意識で世界は変わっていくと信じています。意識こそ、そのエネルギーこそ、世界をつくっていると信じています。

デモやそういった様々な活動は、自分も参加していながらも無力感に襲われたりします。日本では偽善だと言われやすかったり、自分の出来る少額の寄付に意味なんかないのではと悲しくなったり。確かにそうなのかもしれない。でも何か出来ることを探そうという心が無意味ではないと信じたい。

新宿の『No War 0305』の記事、よかったです。光を感じられた。

https://www.cinra.net/article/202203-briefing-nowar_ymmtscl

私は先週は渋谷の方のデモに参加していました。最後に参加したデモは2年前のBLMだったのですが、その時は外国の方と若い人ばかりだった。でも今回のデモは日本の、年配の人も多くて、戦争を体験している人たちがこうしてアクションを起こしているのだということが印象的でした。ただただ祈りながら歩きました。

一緒に参加していた中国人の友人は、初めてのデモ参加でした。中国では禁止されているから。パフォーマンスアートでアジアの国を回っている頃、コンテンポラリーアート特にパフォーマンスアートは国の体制に反する可能性があると政府に捉えられて禁止されていることが多いという事実を目の当たりにしました。ベトナムでも、私服の警官が来る、パフォーマンスイベントは中止になるかもしれないと言われて。私たちは少なくとも日本でとても自由が許されているのだなと実感しました。もちろん声をあげ続けなければならないけれど。

今日もニュースを見ては泣く。ウクライナ人の友達の投稿を見て泣く。これは自然災害ではなくて、同じ人間がやっていることなのだと激しい感情がわく。乱暴な言葉で言うと、「マジやめろよ、あとそのやり方めちゃくちゃ古いよ」

戦争反対という言葉さえ、とても古く感じる。まだそんなことを言わなければならないなんて。皆望んでない。戦争反対、当たり前。憤る。それと同時に、反対するという姿勢さえも暴力的に思えて悲しい。愛で、在れないのかな。

週明け月曜日のオンラインイベント、必要経費を差し引いた売上を寄附しようと tak ran stoneと話し合いました。今なにかやるにあたって、やっぱりそこを切り離すことはできなくて。

生きて、祈りを、踊り続けます。

こんにちは、カナキティです。

台風が去って、快晴。秋になると空が高くて気持ちがいいですね。気がつくといつも天気や季節の話から始めてしまうのですが、きっとそれがこの瞬間これを読んでくれている皆様と共有しているものだと、私自身が感じているからだからだろうな。それぞれどんな暮らしをしていていても、同じ空の下…という風に。


先日昔から知っている妹のような友人の結婚式に出席して、その時に会った娘に「もっとブログ書いてください」って言われたので、頑張って書くことにします。笑

たしかに。せいぜい月1だものね、更新頻度。

以前ブログを書いていた頃は、日記というよりもっと言えば、セルフドキュメンタリーだったのだと思います。自分を公私丸ごと晒し続けてみた。10年間。でも時代も変わって、インターネットやSNSとの付き合い方、社会の在り方も変わった。

私もともと自分の話を他人にする方じゃないのですよね。こう見えて。1訊かれれば100返しますが、不特定多数の人に自分を晒すのであれば、そのようにつくったものがいい。

今も日記のようなものは、自分でノートに書いています。アナログ。手紙も今でもよく書いています。

なのでこのブログは、私の文章を好きでいてくれている大切な女の子達への手紙のようなもの。失礼、男性の読者もいるのかな。笑 女性からのリアクションが多いのですよね。笑

最近も、学生時代の友人の手紙で、彼女がこのブログを読んでくれていることを知りました。印刷されているのかと思うほど綺麗な彼女の筆跡、懐かしい自分たちの過去のやりとりのエピソードを読んでいたら、電車の中で涙ぐんでしまった。

大人になっていくことは不思議です。いつの間にか遠くまで来ていることに気付く。目の前のことに必死になっているだけなのに、気付いたときには遠くまで来ている。どうやって大人になっていくのだろうと子どもの頃よく考えていたけれど、結局は自分でいるだけで、時の経過や環境の変化に運ばれていくだけのような気もする。誰かになることなんて出来ないから、自分で在り続けることしか出来ないから。


他人の結婚式に出席することってちょっと苦手で、社会からはみ出したまま大人になってしまったので、毎度失礼がないか心配になるし、ふらふらしている自分を思い知るような気持ちになります。笑

でも、皆そうなのかもしれないね。大切な人の人生の節目であるその日、自分に家庭があろうと独身であろうと、自身の人生や今いる位置を自ずと眺めることになる。


それでも結婚式は、自分の大切な人が配偶者はもちろんたくさんの人に祝福されて愛されているのを見られる素敵な時間なのだと、先日しみじみ感動しました。愛がいっぱいの時間。

コロナ禍で、たくさんの友達の結婚式が延期になったり中止になって悲しいよ。それで行けなくなっちゃった式も多いしさ。


私はこの週末は、熱海に来ています。young熱海のアートプロジェクトで舞踏パフォーマンスをします。

熱海は子どもの頃よく家族で来ていたので、なんだか縁を感じて、お話を頂いたときとても嬉しかった。

前日入りしていて、昨夜は一人で海沿いを歩きながら、なんともこの雰囲気が好きなのだよな、熱海…と思っていました。磁場が合うのかな。

そして運営陣の皆さんから若いエネルギーをバシバシ感じて元気をもらいながら、こうやってムーブメントやシーンが出来ていくことの大切さ楽しさを実感しています。

広がってほしいな。出来ることはいつの時代もたくさんある。

https://atami.keizai.biz/headline/292/

お久しぶりです。カナキティです。

9月に入った途端に涼しくなって。もう夏は終わってしまったのかな。

毎年9月に入ると「今年もあと4ヶ月」と、年末に向かってぶっ飛ばしていく感じがします。今年は特に、年末まで大切なパフォーマンスが続きます。大事にやろう。


さて今日は、昨年NPO法人ダンスアーカイヴ構想より刊行された書籍「舞踏という何か」について残しておきます。


FullSizeRender
(🛒Amazonで購入可能です️)
https://www.amazon.co.jp/%E8%88%9E%E8%B8%8F%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E4%BD%95%E3%81%8B-Something-Called-Butoh-Bilingual/dp/4902098113


私のことも踊り手たちのアーカイブの中に載せて頂いております。


FullSizeRender

最初に活動状況のアンケート調査のご案内を頂いたとき、なんて素晴らしい企画なのだろうと思いました。

インターネットの爆発的な発達により、かなり情報を得られるようになった昨今ですが、私が舞踏に出逢った2007年当時は、公演情報にさえなかなか辿り着けなかったことを記憶しています。一般に開かれた業界ではないなと。現在では先述したように、情報は得られるようになりましたが、依然業界全体の状況は見えてこない。中にいる人間同士なら、狭い世界なので大体繋がりますが、それでも実態は意外にわからないのが現状。

これまで舞踏についての書籍はたくさん出版されていますが、土方大野両名が中心であったり、評論家個人の目線を通して書かれたものであり、それもどちらかといえばこれまでの舞踏の流れについての方が多かったのではないかと思います。「で、実際今どんな感じなの?舞踏は」が大切ではないかと。また、評論する方々の言葉だけではなく、踊り手たち自身の考えを知ることのできる今回の書籍の構成は、舞踏というものを始まりから現在まで、そして周りから当人たちまでという、とても全体的に捉えられる点が素晴らしいと思います。(あとデザインとイラストが最高)

特定の個人の目線ではなく、客観性を持ってたくさんの人の視点から、全体的に舞踏というものに向き合ってもらう。そして現在の状況をも知っていってもらう。

FullSizeRender

海外で出逢う舞踏に興味のある外国の方と話していると、舞踏にとても良いイメージがあるのだなという感動を覚える一方、舞踏をある種レジェンド的に捉えすぎというか。(写真のゆみうみうまれ氏の文章がとてもわかりやすいのですが古典の流れとして捉えてくれるのは嬉しいし、それで広まっていくのはもっと嬉しい。でもそのポジティブなイメージは、日本に来たら覆されるのではないかと思うのです。舞踏は歌舞伎や能や文楽のような伝統芸能の位置にはない、そもそも認知がない。「日本に来てみ。そんで、その辺の人をつかまえて舞踏知ってる?って訊いてみな」と。歌舞伎とジャニーズは日本人全員知ってると思うけれど、舞踏は知らないと思う。その現状までが、この書籍には残されていると思います。アーカイブとして素晴らしい。内輪で称賛しあってもしょうがないんだから。

ちなみに、ゆみうみうまれ氏による近代における舞踏についての記述もとてもわかりやすくて。私は後者なのだなと読んで実感しました。特に、私の周りが、土方大野氏に直接関わりながらも、その後自身の踊りを探求していったという踊り手が多かったということも影響しているのかもしれません。本当に面白い時代に生きています。

FullSizeRender

またケイトリン・コーカー氏による、外国人から見た舞踏と現在についての寄稿も本当に面白くて、しかも簡潔。さすが日本に長年住んでいらっしゃるだけあって、日本の社会や芸術とエンタメの現状がよく見えている気がして。舞踏の認知度と需要が増える方法として「芸能人になるのも一つの手段ですが」と書かれているのが、日本という国の文化度をまざまざと表していると思いました。ドンマイ日本。事実、田中泯氏や麿赤兒氏のメディアでの活躍によって、舞踏を知った日本人は絶対に多いはず。それは否定できない。(田中泯さんは自身の踊りを舞踏とは言っていませんが加えて、SNSでの発信を挙げられているのが、外国人であることプラス同年代の方らしいと感じ、楽しい気分になりました。誰かケイトリンさんに伝えてください。「カナキティもインスタやってます。舞踏の映像をアップしているYouTubeチャンネルは先日登録者数1万人を超えました」と。笑

ケイトリンさんの名前を見たときに、知っている気がするなぁと思ったら、私が働いていたKID AILACK ART HALLで、2014年に舞踏のパフォーマンスをして頂いていました。ヒグマ春夫氏との共演でした。あのときの女の子…!!キッドアイラックのブログには、私がレポートを書いていました。懐かしい。

話が思い出話にまで至りましたが、舞踏家たちのアーカイブのページには、知っている人たちばかりで「皆、やってるねーーー」と嬉しくなりました。KID AILACK ART HALLでも公演をやって頂いた方ばかりです。その一方で「なんであの人載ってないんだ…!!ちゃんとメール見たのかな!?」みたいな方もたくさんいて。笑 載っている人が全てではないのが日本の舞踏です。笑

そういう意味では、カナキティなんてふざけた名前で舞踏をやっている私にまで辿り着いてお話を持ちかけて下さった、NPO法人ダンスアーカイヴ構想の皆様に心より感謝申し上げます。本当に。

そして私の人生を丸ごと変えてしまった、舞踏家根耒裕子さんに感謝を。美術モデルとして私の前に現れたご本人は知る由もないと思うのですが。書籍に個人名を出していいのかわからず書かなかったけれど、出来上がった本を見て書けばよかったと思い、ここに残します。

↑このページのトップヘ