カナキティ徒然草

舞踏家カナキティ、日々のつれづれ。

来る18日(日)18:00から、開催中のSaki Otsuka個展『女であるために』で舞踏パフォーマンスをさせて頂きます。

https://note.com/otsukasaki/n/n622085154525

イベントに寄せて、Instagramのストリーズに書いた文章を、ここにも残しておこうと思います。


今回舞踏パフォーマンスをやらせて頂く展示のアーティスト大塚咲さんは、高校生の頃に性犯罪被害を受けていることを告白しておられます。

その経験、ご自身のキャリア、全てを背負ってアーティストとして活動されていること。なんという覚悟の強さか。

私は幼少期に身内から性的虐待を受けていました。隠してはおらず、その事を扱った作品も過去につくっている。でもなにをどこまで話していいかは今もよくわからない。親族に悲しむ人が出る。

「そんな大したことされてないんだし仕方なかったんだ」そういう言葉が後から後から出てきて、それでもいつも話そうとすれば喉が詰まるようになるのだから、私は自分が思っていたより傷付いているのだろう。

10年以上、浅く長い期間に及んだその恐怖は、性犯罪被害とはまた少し違うのかもしれない。ただ、身内に敵がいるということの難しさと家族への不信感は、私の人格形成には影響した。

だからといって「アートに救われた」とかそんな安いことは言いたくない。本当に本当に言いたくない。

自分を救うのは結局自分だ。もちろんそのプロセスに於いて助けにはなった。

でも藝術はそんな小さいものではないはずだ。藝術は、人類の過去現在未来を繋いでいくものだ。

ただ、踊っていたことで、咲さんのこの展示に辿り着けてよかった。本当によかった。咲さんに出逢えてよかった。

精一杯踊ります。


The artist of the exhibition I'll perfom for, Saki-san has confessed that she was a victim of sexual assault when she was in high school.

She is now working as an artist with her experience, her career, and everything else on her shoulders. What a strength of determination.

I was sexually abused by my relatives when I was a child. I don't hide it, and I have made works about it. But even now, I don't know what to say or how much to tell. Some of my relatives will be grieving.

I guess I'm hurting more than I thought, because I always choke up when I try to talk about it.

That fear, which lasted for more than ten years, a long and shallow period of time, may be a little different from sexual assault. However, the difficulty of having enemies in my family and the distrust of my family has affected my personality development.

That said, I don't want to say that "art saved me" or something cheap like that. I really really don't want to say that.

In the end, it is only you who saves yourself. Of course art helped me in the process though.

But art is not such a small thing. Art is something that connects the past, present, and future of humanity.

I'm just glad that I was able to dance and reach this exhibition. I'm really glad. I'm glad to have met this amazing woman, Saki.

I'll spend all my energy to dance for her and all women.


投稿してから国内外、たくさんの方からメッセージを頂きました。たくさんloveを送って頂きました。反応なんて考えず、自分が腹を括るために書いただけだったので驚いて、感謝でたくさん泣きました。

頂いたメッセージの中から、お名前は伏せて一つ。

Kanaさんがア―ティストとして背負っているのは、被害者家族としての、そして加害者家族としての二重の十字架です。パフォーマンスア―トは、全ての属性から解き放たれた「名前のない自分」ですが、私はkanaさんが自分の運命から逃げずに真摯に生きてこられた魂の軌跡を見ると、いつも、凄いなあ。本物のア―ティストは違うなあって、感動します。そして、性被害は、目には見えず、理解されにくく、誤解をされやすいのに、勇気をもってカミングアウトされている事を尊敬しています。ずっと陰ながら応援しています。」

そうか、二重の十字架、そういうことだったのかこのどこにも行けない気持ちは…と、つかえが取れたように、嗚咽を漏らして大声で泣きました。言語化して頂けたことで、肩の荷が降りたようで。こんな風に受け止めてもらえることがあるなんて、想像していなかった。


めちゃくちゃな自分を理解したくて、若い頃私も自分で調べ、たくさん本を読み、勉強してきました。そして今日たまたま目に入ったリンクが、性被害のトラウマについてわかりやすく説明してくれていると思ったので、貼っておきます。

https://trauma-free.com/trauma/sexual-violence/

昔読んで理解していたはずだけれど、なぜか今改めて「なんだよかった、全部書いてある。学問的には随分しっかりと研究されていて、その後の私たちの言動はとても自然なことだったんだ」と、思うことが出来ました。

理解が広まりますように。

こんばんは、カナキティです。

4月に入るともう時が過ぎるのが速すぎてビビりますね。あっという間にスケジュールが埋まりますわ。


さて、友人夫妻のとその子どもに会うという日々が続きました。忙しくなる前にね、ちょっと時間を作りたくてね。すぐ大きくなっちゃうからね。

1組目はダンサー夫妻で、子どもはもう赤ちゃんじゃないのだけれど。どんどん歩いて足腰強くなっててすごいやね。久しぶりに会ったらこれまたいっきに成長していて可愛い。

そしてもう1組は本当にまだ2ヶ月ちょっとで、本当に赤ちゃん。

パパとママにご飯を食べる時間をと思い、早めに食べ終わったわたくしが抱っこを申し出てみました。

そしたらうまいこと寝てくれまして。

こんなに長いこと赤ちゃんを抱いていたのは初めてかもしれない。

なんとも幸せでしてね。とろけるような一体感と言いますか。

親友にそれを話したら「赤ちゃんは温かくてふにゃふにゃで幸せの塊」と。

本当にその言葉通りなのですね。経験したことのないような幸せを体験させてもらいました。

四六時中はもちろん大変なのでしょうけれど。


今年の年明け頃に思いました。(新年で同級生たちと連絡を取って)

「あれ、いつの間にか私めっちゃ独身て感じの暮らしだわ…」

なんだかすごく実感したのですよね。

少し前に、二児の母である親友が「なんか私お母さんみたいじゃん」って思ったと話していて、私はその感じでめちゃくちゃ独身を実感していました。板についてきたというか。笑

二十代は当たり前にいつか自分も母になるのだろうと思っていました。離婚してしばらくも、またそんなことがあるのかもしれないな、くらいに思っていました。

しかし段々と年齢や生活が現実味を帯びてきて、私はこのまま独身街道真っしぐらかもしれないなと思うようになってきた近頃です。


本当にこの体感は、ドラマや小説に描かれているものそのものですね。面白い。

独身で生きる女性たちと、母になっている女性たちのコントラスト。

巷に溢れるような物語にしっかりハマってしまう感覚で、そういうものなのだなとしみじみ思ったわけです。

いろんな生き方があっていいという時代で、もちろんそれを支持しています。

でもやっぱり、母になっている人たちにどこか敵わないような小さな切なさのようなものがある。

結局「隣の芝は」ということなのかもしれませんが。

どんなに作品を産んでも、人間が人間を生み出してしまうことのすごさよ。

人にはそれぞれ役割があってそれでいいのだと心底思っているのですが、自分がこんなことを「考える」のではなくて体感するようになるとは、身体にとっての時間の経過は本当に面白いなと思います。私の身体が変化を感じているのでしょうね。


それにしても父親像なんて想像もできなかったような友人が(本人も自分の人生にそんなことがあるとは全然思っていなかったような人ですから)しっかりと父親になっていて、そんな姿を見られる世界線は最高だなと思いました。

ちなみに、女好きというか女の扱いが上手い男性、女性経験の多い男性、平たく言えばモテる男性の方が、子煩悩になるのかもしれないと友人を見ていてふと思ったのですが、これはどうなんでしょうか、全国のママさんたち。

結局モテる男性って、要は気配りが出来るじゃないですか。他人に割いているエネルギーが多いじゃないですか。それがそのまま、我が子という新しい大切な存在に応用されているように見えて。

知りたいな。


あと、独身の人に対して「家庭を持たないと半人前だ」みたいな言い方で、結婚や子供を持つことを勧める風潮はいい加減になくなるといいですよね。もう令和だしさ。笑

それはやめようよ。笑

ダイバーシティでいこうぜ。

もうちょっといいプレゼンしようぜ。

結婚のことしかわからないですが、私は結婚は自分をより自由にしてくれたと、独身になった今でも思っています。

まだ結婚は墓場だなんていう古い考えの方がいたら、それはそんなことないよっていう話。

いろんな結婚の形がある時代ですからね。

さて、10年後カナキティがどんなことを書いているか、楽しみですよ。


今これ書いてて、今月のピルの開始日をとうに過ぎていることに気付いて、うわーと思っています。

女であることは大変ですな。

こんにちは、カナキティです。

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。前回の記事を書いたら友人の監督に「良いね、もしかしてもうすぐ死ぬ?」と言われて「そうなのかなー?」なんて笑っていましたが、実際その後私のiPhoneが死にました。しばらく社会と断絶され、計らずともSNSデトックスをたっぷりすることとなりました。ただいま電子の海よ。


今日は唐突に、飛行機の話をしたいと思います。

20代、毎年ヨーロッパやアジアへ公演に行っていた頃は、本当に頻繁に飛行機に乗っていました。しかも長距離。お金がないから乗り継ぎまくる、長時間のフライト。

でも私はわりと飛行機の時間が好きなんですよね。これわかってくれるひと、いるだろうか。

特に当時は物凄く忙しかったせいかもしれないのですが、10時間近く、とにかく何も出来ない、電波も届かないところにいる、というのはなんだか心地よくて。最近はWi-Fi使えちゃいますけどね、機内も。

だってさ、休もうと思っても休めないじゃない、自分の生活のなかにいると。次々なにかやらなきゃならないことがでてきて。だから完全に無、みたいな時間はとても豊かに感じましてね。今はそういう時間を意識的につくれるようになった気がするけれど、若い頃は本当に休み方がわからなかったな。

そして機内では出来ることがすごく限られているのもいい。映画にしても、あるものの中から選ぶしかない。そして飛行機で観ると、ほかにすることがないから大体のものは普通より面白く思えるような。あれは特殊な脳の状態なのでしょうね。不思議な集中の仕方になるし。なにせ空中にそんなに長いこといるのだからね。身体がその影響を受けないわけがない。実際、CAさんたちは自律神経を壊してしまうことがあったりするそうで、本当に大変なお仕事と思います。

さらには時間の感覚もなんだかおかしい気がする。自身に対して経過している時間というのは一定の事実としてあるけれど、国を跨いでいくと、前日に向かって進んでいくわけですから、なんだかワープのようではないですか。逆行じゃないですかそんなの。大体日本から何処かへ向かうと、時差は「マイナス何時間」という国ばかりで、つまり過去に向かっているってなんだか、SFっぽいです。ロマン感じます。

しかも空の上で、何処の国にも属していない時間なわけです。治外法権みたいな。いや、正確にはそれぞれの空にも国境があって、航空法があるでしょうけれど。笑

でも、あるときハッとしたことがあります。何歳くらいの時だったのだろう。十代だったかな。飛行機の窓から通過する何処かの国の土地をぼんやり眺めていたときのことです。ふと思ってしまったのです。

「うわ、当たり前だけど国境って実際には引かれてないんだ

すっごいバカみたいなことなのですが、なんとなく私が世界というものを思い浮かべるとき、それは世界地図のイメージなのですよ。だからといって、土地に本当に線が引いてあるわけないのに。でも実際にこうして線が引いてあるわけではない様を目の当たりにすると、なんだか感動してしまったのです。人間が勝手に区切ってるだけなんだなって。土地を。

それでなんだか、国はそれぞれあるわけなのですが、なんというかもっと地上を全体的に捉える感覚になったというか、そんな姿に相対したというか。まるっと地球なんだなって感じちゃったわけです。これが宇宙から見るならば、もっとはっきりそう思うのだろうな。本当に私たちは一つの星に住んでいるのだなって。


そんなわけで、飛行機についてでした。

海外旅行とは、外国に滞在することだけに体験があるわけではなくて、もう日本の国際空港に着いた瞬間から、旅のインスピレーションは始まっているように思います。あの「ここから世界に立ち向かうぞ」という感じ、そして慣れ親しんだ暮らしや人から遠ざかっていくような寂しさと焦燥感。特に成田空港のあの古さと何にもないだだっ広い感じはいいよね。まあ遠いから羽田が国際空港になって本当に嬉しいですけどね。

私は観光はほんとうに興味がないし、日本にいてもレジャーが苦手なのですが、旅は好きです。移動するのが好きってことなのかな。笑 

何処かから何処かへ向かっているとき、一人でいろいろ考えること。それは大体、圧倒的に孤独で自由。外国のひとに囲まれて、見知らぬ土地で見知らぬルールのなか、自分のちっぽけさをひしひし感じる。普段の生活では体験し得ない、Vunerableな状態になる。そうすると、己の無力さがよくわかる感じがします。

そういうところだろうな、私が旅が好きなのは。自分を追い込んで未知の体験をしたがる。ドM

別に旅慣れてるとかではなくて、自分でも毎回よく一人で飛行機乗れてるな、乗り継ぎとか出来てるなって感じなんですよ。いや、実際出来てないのよ、何もスムーズには。知らないおじさんとかが助けてくれるだけで。そういう一つ一つを細かく記憶している。誰かに親切にしてもらった温度で、この身体ができているような気がする。


オマケでもうひとつ。私は何故か、離陸前の緊急時の案内をものすごくちゃんと見てしまう。酸素マスクの装着の仕方とか、脱出の仕方とかのやつ。それって普通?皆こんなにちゃんと見てる?笑 頭に入れたところで実際迅速に動けるかは自信がありませんが、私の中の優等生な部分が出てしまいますね。おほほ。

各航空会社によって、それぞれビデオが違って面白い。SASとかはなんかすごいオシャレで、美しい北欧の自然を背景にめちゃくちゃスタイリッシュに説明が出てきます。スタイリッシュ過ぎてちょっとわかりにいけど。笑 

国内線などで座席にモニターがない便だと、CAさんが自らやってくれるよね。あれをいつもかっこいいなって思っています。あの慣れたスムーズな動き。

ではhave a nice flight.

(こんな時期に皆飛行機乗る予定なんてないと思うけれど)

↑このページのトップヘ